原価管理・稼働集計システム「日報くん」もIT導入補助金対象商材となりました。

おまたせしました。弊社の「日報くん」もIT導入補助助成金対象商材となりました。入退室管理システム「入退くん」に近い勢いで無料トライアルが始まっております。リリースしたばかりだからか社内開発メンバのテンションとサービス精神が膨れ上がっており、IT導入補助助成金を活用いただかなくてもお客様のご要望を積極採用して開発しているようです。いまがチャンス?かもしれません。

IT導入補助金対象商材とは

経済産業省が定めるサービス等生産性向上IT導入支援事業で効果と信頼性を評価された商材のことです。導入費用に対し補助金を受けることができるため、さらに安価でお試しから本格運用のためのフルカスタマイズいただけるようになります。

この記事をみてきっと弊社のデザイナ陣がLPに認定バッチの画像を貼ってくれることを期待してます。ふふふ。

塾向け入退室管理システム、企業向けタイムカード置き換え勤怠管理システムもあります

業務集計システム「日報くん」に限らず、弊社にはご高評いただいている商材がいくつかございます。よろしければこちらもご覧ください。いずれもIT導入補助金対象商材となります。

入退室管理システム「入退くん」がIT導入補助金の対象となります

勤怠や稼働管理・タイムカード版の入退室管理システム「入退くん for BIZ」も2018年度IT導入補助金対象商材となりました

先生と生徒マッチング・予定管理コマ組みシステム「コマグミくん」も2018年度もIT導入補助金対象商材となりました

むしろ、作ったり売ったりするのを手伝ってやるぜ、という心意気の方はこちらよりご応募ください。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ