最近相談していただく”ブログうまくいかないよ。アクセスって増える?面倒じゃないの?投資効率どうなの?”について

さとしさんと国吉さんと伊藤さん

TechRachoで日々の気付きを書き続けたら採用応募も仕事の引き合いも増えたよ!みたいな報告含めた記事を書いてから、友人からの連絡が増えました。まあだいたいは、“ブログ書いてるんだけど全然うまくいかないよ。アクセス増えないんだけどどうして?ってか面倒じゃないの?投資効率どうなの?”といった内容です。

投資効率どうなの?

僕らの場合は仕事の合間で仕事で得た知見を書き続けています。仲間内への進捗報告を兼ねていたり、忘れないように調べたことをまとめていたり、記事ごとに用途は異なりますがだいたいは“ついで”です。投資という考え方はそもそもなくて、ボーっとしてても何も生まないのでMTGログやメール文のコピペでもいいので貼り付けて公開してきました。ググったら自分の記事がでてくることもしばしば。稀に、社外の人からのコメントやアドバイスも貰えてそこから何かを得ることもあります。ブログを書くことを目的とすると内容をゼロから頑張って考えないといけないので要した時間に見合わないし、仕事がない状態で何かを書こうにも仕事していない状態で知見がまとまったノウハウを出力できるわけがないんですよね。この記事の内容も殆どは友人等へのメール返信内容のコピペですが、それでも何かの参考になれば嬉しいのでそのまま公開してます。ブログは本業を差し置いてやるものではない気がします。ちなみに弊社の本業は電子書籍と開発です。
超シリーズ

面倒じゃない?

面倒です。モチベが上がらないので何かの“ついで”くらいの意識が丁度いいんだと思います。それで成果がでると余計に嬉しい。僕はメール文にコピペをするか、定期的に書いている日記があるのでそれにちょっとだけノウハウを付け加えてTechRachoでそのまま公開しちゃってます。人生の半分の時間は仕事ですからね。日記がベースでも多少人と違った経験について情報発信できるのでそれもアリなのかなと。TechRachoでの閲覧数ランキングをみると日記系は総じて閲覧回数は高いです。
人気記事

僕にかぎらず、Rails開発と艦これが大好きな森さんのように東方ProjectのゲームをMacでプレイする記事も人気ですしね。いきなりアクセスが伸びなくても気にしない。忘れたころに増えるかもしれないし、長期的に少量のアクセスが生み続けているかもしれない。日記系はアクセスが伸びても一時的なものが多く、開発系のログやTipsは継続的にアクセスがありますね。

アクセス増えないよ?

コンテンツイズキングとかコンテンツ・マーケティングとか最近良く言われてますが頑張って調べて覚えるほどのものではないと思うのです。超ざっくりいえば大事なのは2点。有益な情報か?それと、他にない情報か?これだけですよね。読者は忙しいのでゴミには興味を示さない。どこにでもある情報ならあえて見に来ることはない。仕事中に得たことを適当にまとめて出力しておけばいいんじゃないかと思うのは、仕事で得た知見はお金を生んだことのあるので価値があるからです。そしてその仕事をしていない人にはもっていない情報だからです。逆にいえばそういう情報があれば、嫌でもアクセスは増えます。
トップはてな-

毎日のランチ日記や友達と遊んでる写真はFacebookで見飽きてますし、問題解決しようとしているときにそれを検索しちゃったら事故にあった気分になります。昔はけっこう多かった読書感想文ブログも最近はなくなりましたね。いろんな人の口コミがあるamazonとかほうが便利ですもんね。余力があれば超頑張って整理して文章としても良いものをだしていけばさらにアクセスは増えますよね。

今月もアクセスいただきありがとうございました。

今月も順調にUnique Accessが増えていて嬉しい限りです。いつもありがとうございます。そろそろコンテンツをまとめて、訪れてくれた人がもうすこし楽しんでいただけるようにしたほうがいいかな、なんて思い始めています。コンテンツに強い人が入社してくれたので、いろいろアドバイスを聞きながらすこしでも意味のあるサイトにしていきますねー。

そういえば、TechRacho(開発ブログ)で採用支援はじめました。採用頑張ってる方はぜひ検討ください。

関連記事

40名:増床の費用対効果改善と社員満足度向上のための個別指導教室
35名:拡大と社員満足度向上を見据えた人事・採用担当の仕事と迎え入れ方
30名:拡大と収益率改善のための大量採用の実現と社内平均値の上げ方
25名:今後の開発体制強化を意図したウィングドア社株式取得
25名:引き受けられる案件難易度向上を実現するバーサタイルウェイ社株式取得
25名:今後の拡大を支える仕組みづくりを開始、まずは社員研修から
20名:拡大に応じて残す外注先とそうでないところの選定基準
20名:経営能力と資源確保のための第三者割当増資を実施
20名:拡大を決意し2015年度振り返り改善点を洗い出す

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ