7月1日~7月4日まで東京ビッグサイトで開催される電子出版EXPOに出展してきます。

hi

いつも弊社サイトをご覧いただきありがとうございます。昨年度は例年を上回る利益を残すことができ、4月には新卒が2名参加してくれ、また5月にはもう1名中途の方が加わってくれるようになりました。まだまだではございますが、応援してくださる皆さまのご期待に添えるような進捗を少しずつだしていけるのではないかと思います。今回は7月1日~4日に東京ビッグサイトで開催される電子出版EXPOへの出展が決まりましたので、そのご報告です。

電子出版EXPOとは

1

東京国際ブックフェア実行委員会とリード エグジビション ジャパン株式会社が主催されている、電子出版ビジネスに関連した企業が集まる展示会です。僕らは3年前から毎年参加していますが出展されている企業はだいたい同じなのですこし同窓会のような雰囲気になりつつあります。同じ期間中に近くの別の会場で、コンテンツマーケティングEXPOや先端技術EXPOなども同時開催されているので、合わせてみてみるのもいいかもしれませんね。僕も当日はいろんな企業さんのブースや会場を回っているので、もし予定を組んでくださる方がいましたら事前にご連絡ください。

第19回電子出版EXPOの会期、会場、主催

2

だいたいのターゲットと出展者

3

4

5

去年までの様子

gallery-event_08 gallery-event_07
gallery-event_06 gallery-event_05
gallery-event_03 gallery-event_01

そこで何をしているか

6
主に業務システムや決済を要するECサイトなどのシステム開発力を評価して取引してくださっている企業様が多いかとは思いますが、弊社では電子書籍を配信するソリューションを自社内で開発し、3年ほど提供してきました。漫画をスマホやWin/Macで閲覧するための「超画像」や縦書き文字者に最適化された「超縦書」など、電子書籍配信のための製品ラインアップの詳細はこちらです。

7

毎年の成果や今後の方向性を同じ業界内の方にアピールするために参加します。今年はお披露目したい新機能や新規対応したプラットフォームのデモがあります。ついでに主力商材のマスコットキャラを創ってみました。以下ラフ案です。

きんにくん_KAO

ここからの成長に乞うご期待。

弊社への応募を検討してくれている学生さんや、弊社との取引を検討くださっているや企業様へ

もしよかったら他社の出展を見つつで構いませんので、弊社のブースにもお立ち寄りください。お待ちしています。

集合写真

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ